カテゴリ: オーバー・ザ・ウェイブ の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

ありがとう。

こんにちわ!きょうも暑いですねー><
ハロウィーン初めの週末だから今は凄く混んでいるのでしょうか。
この暑さでマウカレが高温キャンセルにならないといいんですが・・・

さて、日にちがたってしまいましたが今日はオーバー・ザ・ウェイブ特集です。
といっても、かなり写真に偏りがあり、ショーに集中していてかなりブレてしまっていますが;;

それでもOKな方はどうぞ^^

050a.jpg
続きを読む
スポンサーサイト

優しき船の一行達へ。

こんばんわ。昨日台風の中TDSの方に行ってきました。
レポの方は明日あたりに書きますが、今日は最後のオーバー・ザ・ウェイブの様子をお伝えたいとおもいます。


昨日の台風の影響があり全公演中止となってしまいました。
本当にすごい台風でした。視界が狭く、白く、灰色で、濡れることを拒むことなど不可能でした。
午前中は雨でしたが、午後は一転嵐に近い状態です。風がなかったことだけが救いになりました。
午前中は人が結構いましたが雨が強くなるつれ人がどんどん減っていきます。
さすがに私も雨がひどく、オーバーを一時間前に並ぶことは諦めていました。

しかし、午前11時ごろドックサイドステージの様子をみに行ったら既に20人くらいの方が
ステージのサイドで座って待っているのでした。
15時の回ならず、17時も19時の回までも待っている人の列があるのでした。
大雨の中、衣服は絞れるほど濡れるというのに、屋根もなく風をしのげるものもないただのコンクリ
の上にひたすら傘だけでわが身をまちながら待つ人々。
やむ確率はないかもしれないというのにただ待ち続ける。
私はただ「どうして。」としか思えませんでした。

15時、17時の回は30分前には中止のアナウンスが流れました。
ちょうど16時から17時ぐらいが一番雨がひどかったと思います。
ストームライダーのように灰色の世界が広がっていました。
それでも19時の回を待ち続ける人はいました。


そし17時45分くらいでしょうか。雨が弱くなっていきました。
雲の流れも速く、ところどころに雨雲ではない白い雲がちらり、ちらりと見えました。
私はもしかしたら行けるかもと思いドックサイドにむかいました。

しかし、

「最終公演を予定しておりました19時の回は悪天候のため中止と決まりました。」

静かにキャストさんの声が響きました。

私は信じることができませんでした。
まだ一時間前なのに
雨だってやんできたのに
光が見え始めたのに
どうして。

悲しいとか悔しいとかではなくただ信じられないという気持ちがありました。
私はその場を動くことができませんでした。
ちらりとステージの方をみると人が3列目辺りまで座っていました。
あれは、朝から待っていた人たち。
最後の船出を観れることを信じた人たち。
静かにただ座っていました。

そして機械的な中止アナウンスが流れました。

しかし、人は集まってきます。皆少し小走りできて、キャストさんの声を聞いて、その場から動かなくなる。
そうして次第にたくさんの人でステージが囲まれました。

18時05分雨はやみました。
それでも、キャストさんの発する言葉は変わりません。
そして、次第にするすると茫然とたっていた人々がステージの中へとはいっていきます。
5、6人いるキャストさんの横を通りぬけて
「中止」という単語を聴きながら
無人のステージへと向かう。
そして、濡れたベンチに腰をおろす。
18時15分、ベンチの半分が埋まりました。
私もステージに向かい真ん中あたりに座りました。
泣いている人はいません。ただみんなステージを観ています。
50代ぐらいのおじさん、学校帰りの学生、小さな子を引き連れたお母さん
みんな無人のステージを観ていました。

信じて待っていました。ニ回目のアナウンスがながれても。
人は減ることなく、少しづつ増えていきます。
何も起こらないことが決まっている、どれだけまっても何も起こらないことは知っている。
それでもベンチに座っている人は動こうとしない。
次第にベンチのライトがつき始めました。
空に夕焼けが見えてきました。
キャストさんの言葉はかわりません。
でも、信じて待っている。

どれだけ、たくさんの人々に愛されたショーだったのでしょう。
どれだけ、たくさんの人々の胸を焦がさせたのでしょう。
どれだけ、信じることができたショーだったのでしょう。

そんなショーの終わり方は
愛した人々の信じる気持ちで幕を閉じました。



最終日、公演されることはありませんでした。
しかし、そこには「愛して」「信じた」人々がいました。
たくさんの想いが集まっていました。
私はこの日インパしたことを後悔していません。
この日の光景を忘れることはありません。
オーバー・ザ・ウェイブ、ありがとう。

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。