スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

新しさ?それとも維持?

こんばんわ(●´∀`●)/ ただいま林間から帰ってきました。
あいにくの雨で山登りできませんでした(ノд<。)゜。
登りたかったなー。でも登りたくなかったなー。←
雨のせいで色々と振り回されましたが、楽しかったので良かったです♪


そしてそして、明日はイクスピアリまで一人旅してきますッ!!!
急に一人でフラフラしたくなり、しかも明日は部活オフなので
インパはしませんがのんびり遊んでこようとおもいます(^^♪


さて、知ってる方も多いのかな?ディズニーハロウィーンの今年の方向性が発表されていました↓
http://www.olc.co.jp/wpmu/wp-content/blogs.dir/3/files/2010/07/20100618-「ディズニー・ハロウィーン」.pdf

今年はランドの方は再演じゃなさそうですね(´ω`)
実は私ランドでのショーやパレードの再演があまり好きではないんです。
なんだかランドには常に新しい世界を魅せて欲しいんですよね。
シーの方は出来た頃から再演が多かったので抵抗感がないのですが、
ランドは小さいころから「今年は何がやるんだろう?」
毎年毎年胸をはずませて待っていました。

それが再演になってしまうと、
「今年も同じのか~。 やっぱあそこはこうなるよね。」
予測がついてしまい、緊張感がなくなってしまうんです。

シーはどちらかというと新しさを求めるより、一つのことに対してじっくりゆっくり思いを重ねていく
というゆったりした大人の雰囲気があるように感じます。

だからシーの再演と聞いてもなんの抵抗感が生まれないんです。


確かに毎年来れないお客さんには、見逃してしまっても来年があるという優しさなのかもしれませんが
毎年毎年違う「今年限定」という緊張感、
貴重感があることによって毎年毎年違う感情が現れてもいいんじゃないかな

と思います。


去年はこうだったね。今年は行けなかったけど、来年はもっと楽しいかもしれないよ。
来年はああかな。去年はあそこが良かったよね。またあんな風なの観てみたいたいね。
こんな会話が弾む方が私には「ランド」らしさがある気がします。
また同じものを観てみたい。だけどそれ以上の新しい楽しさを求めたい。だからまた行きたい。
そんな欲張りな感情こそが子供心ではないでしょうか。
そんな感情を思いだすことこそがウォルトさんの狙いではないでしょうか。
私にはそう思えます。


「現状維持では、後退するばかりである。」とウォルトさんはおっしゃいました。
常に新しいものを造りだし、失敗しても良いからそのまま突き進んで欲しい。
そうしなければ、今というものにつながられたまま前に進めなってしまう。
というメッセージではないでしょうか。


あくまで私の個人の意見であり、本に載ってたとか、TVで流れてたとか
評論家が言ってたとかではありません。
なので、もし気分を悪くされてしまったらごめんなさい。


ですが、私は「もうちょっと違うんじゃないかな。」と思います。





・・・って、あ!!また思ひ出話が吹っ飛んでしまったw(°O°)w
スポンサーサイト
96:NoTitle

こんばんは。

現状維持か、新しい挑戦か?
非常に難しい問題ですね。
TDRは常に夢を追い求めてほしい、と我々ゲストは思いますが、現実的な話ではTDRも一企業であるという現実もあり、好評なものをあえて刷新してしまうということに抵抗感が生じるだろうという予測はできます。
ただ、TDRが『夢のかなう場所』というコンセプトを忠実に守っている限り、刷新しても必ず素晴らしいものになると思います。
ただ、残しておくべきものも確かに存在しますから、その辺の兼ね合いが非常に難しいんだと思います。
その辺の取捨選択を行ううえで、現状維持を選ぶのもある意味では挑戦とも言えなくもなく、『建設的な現状維持』ということになるのではないでしょうか。
とはいえ、まったく変わらないのも困りますけどね。
『残すべきものと、変えるべきもの』
その辺の取捨選択を間違えなければ、どちらも有りと私は思いますが、どうでしょうか?

長文&私的意見、失礼いたしました。

2010.07.16 23:09 あからあく #- URL[EDIT]
97:NoTitle

こんばんは☆
ふむふむ… この記事には、私もなかなか考えさせられます。
私は基本的にのほほ~んと中立に立っているのが好きな性格なので、
再演なら“わ~い、今年も見れる!”、
新イベントなら“どんなイベントかワクワク♪”という感じで、
どっちでも全然OKというスタンスですねww

でも、再演でも、毎年グッズのデザインが違ったり、
微妙にキャラクターのセリフが変わったりして、
ゲストを飽きさせない工夫をしてくれるのは、
さすがディズニー!といつも思います。

初めて楽しむ人には新鮮な感動を、
毎年楽しんでいる人には、思わずニヤっとしてしまうようなサプライズを…

そういう意味では、一口に再演と言っても、
ウォルトさんのスピリットが生きているのかもしれませんね^^

2010.07.16 23:59 mi→ku #- URL[EDIT]
98:Re: NoTitle

✿あからあく様

こんにちわ^^
そうですね。いくら夢の国といっても、一企業に変わりはありません。
仕事をしている方にとっては生活もかかっているためにヘタをすることはできない。
だから同じものを繰り返すのも必要なことかもしれません。
私はまだ社会にでて働いたことが無いので、そういうことに対しての知識がまだまだです。
ただ、あからあくさんのおっしゃる通り「現状維持」というのにも様々な意味があります。
ただそのまま放っとくのと、取捨選択をしたうえでその状態を保つのとは
意味がまったく違いますね。
TDRには後者であって欲しいです。
「残しておくべきもの」と「変えていかなければならないもの」
この二つの意味を理解し続けている限り、TDRは素敵な場所であるのでしょうね。

貴重なご意見ありがとうございました^^

2010.07.18 14:55 きのこナ子 #- URL[EDIT]
99:Re: NoTitle

✿mi→kuさま

こんにちわ^^
再演には再演の楽しみ方、新イベントには新イベントの楽しみ方がありますが
それぞれに共通しているのが新しい発見ができるということ。
今回のクール・ザ・ヒートが良い例なのかもしれません。
主旨は変わっていませんが、コスと歌が一新され
新しい感動と懐かしい感情が湧きあがっていますよね。
それはとても素敵なことだと思います^^

ただ、まったく変わらない「現状維持」にはなって欲しくないです。
あからあくさんへのコメントの方でも書きましたが
取捨選択あっての再演でしたらきっと再び素敵なものになれるのでしょう。

そうであったら、ウォルトさんのスピリッツも生き続けていますね^^

貴重なご意見ありがとうございました。

2010.07.18 15:09 きのこナ子 #- URL[EDIT]

管理者にだけ表示を許可する

QLOOKアクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。